ゾラとの会話  2012年12月28日


内部地球のゾラ・・・今年の末までにデスクロージャーが行われる。既にワシントン、ニューヨーク、ロンドン、モスクワなどで地上数メートルの高さのところに宇宙船が芽に見えない形で待機している。次元上昇はおきている。


前回のニューズレターを発行した後、28日金曜日の深夜から、29日土曜日の早朝にかけて、私、Hollow Earth Networkのアンは、内部地球の者であるゾラから電話をもらった。

以下はゾラの話の内容である。


この惑星の上にいる者の99%(残りの1%は、次元上昇を選 択せずに既に姉妹惑星に移動している。)は今五次元の第一レベルにいます。”次元上昇”とは、五次元への移行を意味します。私たち全ては12月21日に五 次元に移行しましたが、私たちのエッセンスを捕まえきれていません。

目覚めた者は、自分が五次元にいる事が分かりますし全ての者はもうすぐ物理的に五次元に移行します。


母なる地球は五次元への移行途上にあり、地球が 五次元に到達すると、この惑星上の全ての物理的存在は、いまだに眠りから覚めていない者も含めてひとかけらの疑いも無く五次元への到達を知るでしょう。地 球の次元上昇が完全に済むと、私たち全ては完全意識を回復するでしょう。私たちは今五次元の最初のレベルにいて地球が次元上昇を果たすのを待っています。


イベントはどのようにして起きるか?

1  デスクロージャー

私が理解している限りでは、今年の末までに起きます。ゾラが冗談めかしに言うには、新年のボールがタイムズスクエアに降りてくる、と。彼が言うには、デスクロージャーはこのようなあり方になるとのことだが、彼は笑いながら、これは大事だよ、と言いました。


彼が言うには、今、戦略的に多くの宇宙船が配置 についていて、地上数フィートの高さでホバリングし、地球を痛めないようにしている。一機は既にホワイトハウスのペンシルバニア通りに面した芝生の上に、 他の宇宙船はクレムリン、バッキンガム宮殿、ニューヨークのセントラルパーク、パリ、中国、エルサレムにいて、やはり地上数フィートのところでホバリング している。これらの宇宙船は既に配置についてはいるが、目には見えず、姿を現すようにとの命令を待っている。


上空には膨大な数の宇宙船がやはり、姿が見えないように待機している。ゾラは、北極開口にいる。


2  集合

そう、集合である。他の星間システムからの転生者の引き上げが行われますが、これには中断はありません。引き上げは、次元上昇とデスクロージャーの後に行われます。全ての者はふるさとの星間システムに帰還します。ゾラは、これを繰り返しました。


3 プラン

ここ数ヶ月間にゾラが語ったプランからの変更は ありません。これが創造主のマスタープランであり、いまだに有効です。これまで創造主のプランが変更になったとは今まで聞いたことが無い、とゾラは言いま す。繰り返し、言いますが、今年の末までの間に、です。(12月21日に何も起きなかったと)失望している者に対しては、・・・・ゾラは、これから先、何 日かの間に極めて明らかになるだろう、と言っています。


4  繁栄プログラム

急速に実現に向けて動く。


5  政府

銀河政府が配置についていて、発進の準備が出来ています。オバマが首相になる準備が出来ています。


6  私たちの仕事は?

ヘッドバンドの着装を続けなさい。これは非常に大切。落ち着いて静かにしていること。瞑想中には五次元のエネルギーの中に移動します。ハートを中心にした瞑想は私たちの完全意識の回復を速やかなものにします。振動の向上に集中ち続けなさい。呼吸法を実践しなさい。


ゾラが五次元に行かない1%について、この者たちは既に別の惑星に移動したと言いました。この中にはヒラリー・クリントンも含まれているのか、と尋ねました。今見ているヒラリーはクローンか、とも。ゾラが言うには、”そう。今は多くのクローンが動き回っている。”と。


なお、サルーサのメッセージは有効だとも言っていました。