月別アーカイブ:2012年09月

2012年09月の記事一覧。気になるネットの記事ニュース,ディスクロージャ,アセッション,古代遺跡,EU,金融,予言ets
No Image

2012-09-30 20012年から2013年に掛けて起きること
次元上昇プロセス 2012年9月29日  天使からのメッセージ・・・次元上昇について The Process of AscensionChanneler: Taryn Crimihttp://AngelicGuides.wordpr…

記事を読む

No Image

2012-09-30 20012年から2013年に掛けて起きること
グレグ・ガイルスからのメッセージ  2012年9月29日  グレグからのメッセージ。失望に備えていてください。皆 さんこんにちは。今、今朝早く受け取ったメッセ…

記事を読む

No Image

2012-09-30 尖閣諸島問題
アメリカか・・・・日本と中国の戦争を画策する者達 http://alternativereport1.seesaa.net/article/93305639.htmlジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」― Bipartisan r…

記事を読む

No Image

2012-09-29 20012年から2013年に掛けて起きること
リサ・ジュリアーニ・・・米国は、国ではなく、企業である  2012年9月28日 米国は、THEUNITES STATESという企業である。 United States Isn't …

記事を読む

エジプトで発見地球外のミイラ

2012-09-29 20012年から2013年に掛けて起きること
エジプトで発見地球外のミイラ  http://beforeitsnews.com/alternative/2012/09/extraterrestrial-mummy-found-in-egypt-2471304.html古代ピラミッドで完全に保存され…

記事を読む

天使からのメッセージ・・・次元上昇について

次元上昇プロセス 2012年9月29日
  天使からのメッセージ・・・次元上昇について

The Process of Ascension

Channeler: Taryn Crimi

http://AngelicGuides.wordpress.com


次元上昇はごく単純にあなた方のソウルの自然の 進化プロセスであり、高次元における最も自然な形への回帰です。次元上昇は、多くの意味を持つことが出来、又、持っています。次元上昇について、特に以前 聞いたことがなく、低次元の信念システムに閉じ込められ、目覚めたばかりのソウルに対しての説明は、簡単ではありません。そこで私たちが申し上げたいこと は、次元上昇とは、あなた方の信念の向上、あなた方の振動周波数の上昇だ、ということです。最高の程度を10とすれば、あなた方は今は2〜4の程度の振動 しかしていません。これは変動していて、三次元、四次元の範囲内に留まっていることはほとんどありません。次元上昇するということを意識して選択すること によって、あなた方は意識的に振動数を上げるという決断をしたことになります。次元上昇をするという意図を維持しさえすれば、次元上昇の方法を知る必要は ありません。しかし、振動数の上昇に集中すると、当然のことに、高くない振動を持っている事物が表面化し、最終的には解消されることになります。なぜなら ば、あなた方が高次元に移行するに連れて、この次元で自分に課していたあらゆる制約から逃れるようになるからです。あなた方の意識感覚は拡大し、今まで忘 れていたことをどんどん思い出し始めます。


次元上昇の前には、あなた方は多くのことを思い 出します。どうしてこれを忘れていたんだろう、と考えさせられることになるでしょう。人間にとって考えられないようなことで、それまでに抱いていた疑問は 次元上昇の直前に解消することでしょう。それは恐ろしいことではなく、実際は全く逆に、極めて大きい喜びにあふれるものであり、次元上昇についての理解が 深まることになるでしょう。次元上昇について初めて知ったときには、家族は一緒に次元上昇できるのだろうか、それとも自分ひとりで行くことになるのだろう か、家はどうなるのだろう、などという疑問があったことでしょう。次元上昇までの間にはこれらの疑問に対して自分で答えられる状態になるでしょう。その答 えは、上から降りてきて、次元上昇への道に沿って小さい包みとしてやってくるでしょう。一時に全ての答えをもらうのは、負荷が大きく、理解できるにして も、つかみきることが難しいでしょう。従って、次元上昇への道に沿って次々と噴出してくる形になるでしょう。心を静かに保っていてください。どの次元に上 昇するのかとは無関係に、日々の関心事は高次元ではもはや関心の対象にはなりません。お金の欠乏、健康の阻害、分離は、高次元では存在しません。


心配事が霧消し、新しい物事や仕事に関わるよう になり、今ほどには密度が濃く、荒々しい環境ではなくなるでしょう。振り子は今ほどには、激しく触れるようなことはなくなります。高次元では今ほどには、 感情の起伏が激しくなくなるでしょう。平和が心の中に満ちることでしょう。あなた方は創造と、自分自身の力の形成にもっと心を集中できるようになるでしょ う。


高次元の領域への上昇が始まるまでにはたくさん の時間が残されてはいません。準備が出来ているのに、なぜ次元上昇が始まらないのだろうといぶかる人がいるかもしれません。完全意識の存在に戻る旅路に は、まだ多くの落とし穴が待っていますから、自分の望みをどのように持つかについて十分に気をつけてください。表面化してくることを解消できれば次元上昇 への道をすばやく通過することが出来るでしょう。あなた方は次元上昇に備えるために必要な時間の後に上昇することでしょうが、遅かれ早かれ、備えが十分で なければなりません。


この次元上昇は、今までに起きたものとは大きく 異なります。これは非常に特別な次元上昇であり、ソウルレベルの経験としては、信じがたい程に喜びが深いものになるでしょう。あなた方は自分の世界を変え るだけでなく、この宇宙全体の全てのソウルに影響を及ぼすのです。これは非常に深遠なことです。この次元上昇が他の次元上昇とは異なる理由は、まず第一 に、次元上昇を意識している人間と地球が同時に次元上昇をすることです。これは今までには無かったことです。第二に、死を経由せずに次元上昇することで す。人間の肉体を持ったまま次元上昇し、生物学的に高次元の領域に適合できるように変態することですが、これは非常に特別なことです。第三に、この次元上 昇によって飛躍的にあなた方の振動数が増すことです。三次元から五次元への移行には最大のレベルの振動数の上昇が必要です。


高次元への上昇を決断した人たちは、どの程度深く次元上昇に 関わるかの選択をすることになるでしょう。ある人たちは、四次元に留まり、他の人たちは、四次元にほんの短い時間だけ留まり、その後、五次元に移行する選 択をします。さらにそのほかのソウルはさらに六次元への上昇を選択するでしょう。六次元では肉体は存在せず、光とエネルギーだけが存在します。この理由は 振動数が高すぎて物理的な肉体には適合しないからです。ある次元がそのほかの次元よりも良い、一つの選択が別の選択よりも良い、というようなことはないこ とを覚えておいてください。それは単に別の経験であって、次元上昇の経験を選択しない者がそうでない者よりも劣っているようなことはありません。全てのソ ウルは、やがては次元上昇をしますが、それに要する時間は尽きることがありません。


肉体的に次元上昇をするためには、ソウルは、周 波数の上昇を図らなければなりません。これを行う方法は、自己の信念、恐怖、審判、ネガティビティーの制約を取り払うことです。自分の信念の制約を取り払 う都度、周波数は上昇し、制約となる信念や恐怖が心の表面に現れると、高い周波数に適合しないことに注意が向けられてしまうでしょう。あなた方の現実と経 験は自分自身の信念、善悪の判断に支配されていることを忘れないようにしてください。あなた方自身が自分の現実を作り出しているのです。


困難なことはあなた方全てが自分の真の力、天か ら貰い受けた遺産を忘れることに合意していたことです。あなた方は自分がただの人間であり、あなた方が自分であると信じている肉体が自分の全てであると信 じるように合意したのです。あなた方は三次元での経験ができるように、自分がエネルギー、周波数、光の存在であることを忘れることに合意していたのです。 それであなた方は他人から、他のすべてのものから分離していることがどのような感じなのかを感じられたわけです。実際には、あなた方は分離されたことは無 く、壮大な幻想だったのです。あなた方も私たちも全ては一つのものです。あなた方は私たちであり、私たちはあなた方なのです。これはあなた方がここに来る 前のもう一つの合意による信念です。この生涯は、忘れていたことを思い出すと言う課題を背負っているという点で、あなた方は、この生涯が特に大切であるこ とを知っていました。


次元上昇のプロセスは、あらゆるものが一つであること、あなた方は本当には誰なのかを、この非常に異なる経験をするために自分が合意した忘却の幕を破って思い出すプロセスでもあります。

多くの人は、ここには限りなく何回も転生してき たので、良いことも悪いことも、光も闇も、あらゆることを経験できました。あなた方は、最低以下の低さと、最高以上の高みを経験しました。これが二元性の 次元なので、上から下まで全てを経験できるのです。これであらゆる事を経験したのですから、今は自分が本当にはどのような存在かを思い出す時です。次元上 昇を選択しなかった人は、単純にこの次元での学びを続け、十分に学んだと思えるようになるまで、三次元の同じような現実の中に転生してゆくことでしょう。 次元上昇を選択する決断をした人は、望んでいたこと全てを達成した人であり、ここに来て必要な全ての経験をしたので、高次元に戻りたいと思ったのです。


自分の信念の解放のプロセスは容易ではありませんし、ここに 来る前に、それが非常に難しいことはあなた方は十分に承知をしていました。しかし、これは学ばなければならないことであり、このあらゆる事を忘却し、恐 れ、憎悪、怒り、制約、ネガティビティーを自分に経験させて、自分を消耗させ、これらの信念を振り捨て、自分は本当にはどのような存在なのかを思い出すプ ロセスを、あなた方はどのようにして通過するのでしょうか?これがあなた方が私たちに教えられることです。このような事はこれまでに行われたことはありま せん。これがここにいる最もすばらしい意味です。これが次元上昇です。次元上昇は一人で出来るように感じられるかも知れませんが、決して一人できるもので はありません。あなた方にはあらゆる段階でガイドたち、天使たちのチームがついていて、

道が険しすぎて涙をぬぐいきれない時に、降りて きます。私たちはあなた方を助けられることなら何でもします。あなた方が私たちのことを認めてくれるのが、私たちにとって支援をしやすくする最善の条件で す。私たちはあなた方の自由意志を決して阻害しません。これは私たちが決して破る事のないルールです。


多くの人は”終わりの時”を恐れていますが、これは単に一つ のサイクルの終わりであって、別のサイクルの始まりでもあります。決して終わりではありません。単にあるべき状態への変態が行なわれるだけです。ソウルが 次元上昇を決断するかどうかは、審判の対象にはなりません。全てのソウルは自分のための最善の決断をします。次元上昇は、個人毎のプロセスであり、全ての ソウルが同時に行わなければならないものではありません。個々のソウルが自分にとって最善の時を選択するのです。平和であってください。


愛と光のもとに、私たちはあなた方の天使のガイ ドです。

グレグ・ガイルスからのメッセージ グレグからのメッセージ。失望に備えていてください。 2012年9月29日 

グレグ・ガイルスからのメッセージ  2012年9月29日 
 グレグからのメッセージ。失望に備えていてください。

皆 さんこんにちは。今、今朝早く受け取ったメッセージをタイプしています。皆さん、大きな失望に備えてください。この失望は、クレジットカードによる支払い 通知よりも重いものでしょうし、これまで言われてきたあらゆることに関わっています。このメッセージは今晩遅く、(おそらくは日本時間の30日午前中)に は、証拠を読み終わってから、寄稿します。気確かにしていてください。 グレグ

転載  日本と中国の戦争を画策する者達

アメリカか・・・・

日本と中国の戦争を画策する者達
http://alternativereport1.seesaa.net/article/93305639.html


ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」
― Bipartisan report concerning Japan ―

 この米国政府の戦略文書は、かつてCIAを統括する米国大統領直属の国家安全保障会議NSCの議長で、同時に東アジア担当者であり(クリントン政権)、後に安全保障担当の国防次官補であったジョセフ・ナイが、米国上院下院の200名以上の国会議員を集め作成した、対日本への戦略会議の報告書である。

 ナイは現在、米国の政治家養成スクール、高級官僚養成スクールであるハーバード大学ケネディ行政大学院の院長であり、そこから輩出された無数の政治家・行政マンの司令塔となっている人物である。この人物が「事実上」、米国の政策を起草している。

 その内容は以下の通り。

1、東シナ海、日本海近辺には未開発の石油・天然ガスが眠っており、その総量は世界最大の産油国サウジアラビアを凌駕する分量である。米国は何としてもその東シナ海のエネルギー資源を入手しなければならない。

2、そのチャンスは台湾と中国が軍事衝突を起こした時である。当初、米軍は台湾側に立ち中国と戦闘を開始する。日米安保条約に基づき、日本の自衛隊もその戦闘に参加させる。中国軍は、米・日軍の補給基地である日本の米軍基地、自衛隊基地を「本土攻撃」するであろう。本土を攻撃された日本人は逆上し、本格的な日中戦争が開始される。

3、米軍は戦争が進行するに従い、徐々に戦争から手を引き、日本の自衛隊と中国軍との戦争が中心となるように誘導する。

4、日中戦争が激化したところで米国が和平交渉に介入し、東シナ海、日本海でのPKO(平和維持活動)を米軍が中心となって行う。

5、東シナ海と日本海での軍事的・政治的主導権を米国が入手する事で、この地域での資源開発に圧倒的に米国エネルギー産業が開発の優位権を入手する事が出来る。

6、この戦略の前提として、日本の自衛隊が自由に海外で「軍事活動」が出来るような状況を形成しておく事が必要である。


 以上のように、米国は日本海の「パレスチナ化」計画を策定しており、米国は日本を使い捨てにする計画である。そして、この計画の下に自衛隊の海外活動が「自由化」され始めている。

 上記の米国エネルギー産業とは、もちろんロックフェラー=ロスチャイルドの事を指している。

 このロックフェラー=ロスチャイルドの利権のために日本軍と中国軍に「殺し合いを行わせる」、これが米国政権中枢の戦略文書に明確に書かれている。
 カテゴリ
 タグ

リサ・ジュリアーニ・・・米国は、国ではなく、企業である  2012年9月28日

リサ・ジュリアーニ・・・米国は、国ではなく、企業である  2012年9月28日
米国は、THEUNITES STATESという企業である。

United States Isn't a Country− It's a Corporation!

http://www.serendipity.li/jsmill/us_corporation.htm

Feb.2004 by Lisa Guliani


共和国に何が起こったのかについては、共和国を破産させた1871年の南北戦争に遡らなければならない。この時代は、学校で教わる、いわゆる歴史よりもはるかに面白い。


1871年2月21日に、第41回国会が開かれた。この日には、議会は、”DC(District of Clolubmia : DC)に政府を樹立する法”を成立させた。これは1871年法と呼ばれている。これは、議会が、憲法の範囲を逸脱して、たったの10平方マイルの広さのDCに政府を形成させたことを意味する。


このような奇怪な現象を説明するには、当時の状 況を知らねばならない。1871年法は、当時のアメリカの混沌とした時代に生まれた。われわれの国家は南北戦争の後遺症のために脆弱化し、本質的に破産し ていたのだ。南北戦争そのものが、企業の裏部屋で軽いフットワークで計算された事態に過ぎなかった。これはヨーロッパ、国際的銀行家の利益を得ようとし て、アメリカの首根っこを押さえるために仕組まれた戦略的な出来事だったのだ。


議会は、国家財政が危機に瀕していることを知ったので、国際 銀行家たちとの取引を図った。当時はロンドンのロスチャイルド家があらゆる事に首を突っ込んでいた。銀行は自分の利益にならなければ何もしない。これには われわれを隷属的な事態に追い込む紐がつくことには間違いが無い。

これは1871年にまで遡っても当てはまることであった。もがき苦しんでいた私たちの国家に対して、国際銀行家たちは、重要な条件なしには、貸付を行わなかった。そこで彼らは米国の扉に足を踏み入れるための方法を考え出した。その結果がこの1871年法であった。


本質的には、この1871年法は、THE UNITED STATESという名称の企業の設立に関わるものだった。ここで大文字が用いられていることに注目をしてほしい。この、外国の資本が所有する企業は当初の理想的な憲法を片隅に追いやってしまった。1871年法によって国名は大文字表記になり、”The Constitution for the united states of Amerika (米国各州を統合するための憲法)”は、” The Constitution of the UNITED STSTES OF AMERIKA (米国という名の企業の憲法)”に変えられた。


この憲法は、あなた方が理想と考えているものと同じ憲法ではない。この企業は、経済を主眼として運営され、共和国を統治するものと同じ憲法であると考える人々を騙すために用いられるのである。


1871年法の成立によって議会が行ったことは、全く新しい文書である。DCの統治のための憲法の創始であった。彼らが創始したのは私企業なのだ。この新しい変質した憲法は、企業の憲法として役に立つだけで、アメリカのためのものではない。


この企業憲法は共和国には恩恵をもたらさない。 あなた方や私には一つも良いことは無いのであり、本来の共和国憲法の外側で運用される。本来の憲法では保証されていた絶対の権利ではなくて、私たちは今で は、相対的な権利又は尊厳しかあたえられていない。この一つの例は旅行のための権利である。この権利は、企業の統治政策によって許可されて得る特権になっ てしまっている。


従って、議会は独立宣言と本来の憲法の下で尊厳 を持つと考えられる人々に対する反逆を犯したのである。尊厳という言葉について考える時、その言葉の意味を知らなければならない。尊厳とは、1.至高の、 2.最高の権力を持つ、他の者よりも優れた地位にある、3.他者の所有から独立している、独自の権限を持つ、という意味である。


別の言葉で言えば、政府は、尊厳ある者によって創造されたの である。尊厳ある者とは最高の権威を持つ自由な市民のことを言う。政府は尊厳ある者ではない。私たちは独立宣言、”政府は統治される者の合意に従うものと する”、に遡ることが出来る。これが、私たち尊厳ある者の姿であるべきなのだ。


あなた方は法を知っている者と考えられている。 私たちは基本的には、学校で法を学ばないので、これは皮肉である。私たちはぼんやりとした概念しか知らないし、あちこちの文章を飛び飛びに覚えているだけ だ。私たちは法律を教わっていないし、企業政府が運営する学校は、憲法について一つも深くは教えていない。結局、人々は無知の闇に追い込まれているのだ。 私たちは外国の利益の対象として売却され、議会によって国際銀行団に対する負債を負わされたことを知らされていない。何世代にも亘って、アメリカの市民 は、実際には負っていない大規模な負債に対する支払いを強要されているのだ。何も知らされずに他の者が負っている負債の返済者になっているとしたら、どの ように感じるだろうか?


今の憲法は無効で、ゼロだと誰かが言うのを聞いた時、政府が 市民に対するサービス志向から、利益追求企業に対するサービス志向へ変化したことを考えて御覧なさい。私たちは実質的な、又は不法な形の政府によって支配 されているのだ。企業体の本質は死の商人、支配者なのである。


1871年法の成立に従って、人々をこの企業にわざと、意図 的に売り払った議会と併せて、馴れ合いで、一連の微妙で、巧妙な欺瞞が動き出した。学校でこのことを教わったことがあるだろうか?それはないはずだ。彼ら は架空の歴史話を私たちの頭の中に叩き込むのに忙しすぎて、真実など教える暇は無かったのだ。彼らがアメリカの人民に真実を開示しそこなったので、人々 は、何が起こっているかについては無知なままだった。私たちの統治体である、UNITED STATESは、王の権利、海洋法として知られているローマ私 法に則っている。ローマ私法は、当初の植民地で、米国国家の成立以前に完全に確立された。


1871年法によって創生されたDCはローマ私 法に則って運営されていて、コモンローによってではない。コモンローは、米国共和国が採用する法体系である。これは全てのアメリカ人に大きな衝撃なので、 大切なことである。国際私法(ローマ私法)はDCの内部でのみ適用されるものであって、他の州では適用されない。THE UNITED STATES (USCorporation)には種々の部門がある。たとえば、司法、裁判、財政である。これらの部門は、あなた方が思っているようなものではない。こ れらの部門は、THE UNITED STATESに属していて、あなた方のものではなく、共和国の外側にある企業体憲法とその種々の修正法に則ってい る。


UNITED STATES CODE 28  3002 (15)(A)(B)(C)を参照すると、UNITED STATESは、企業である、ということになっている。しかもそれは政府なのである。 アメリカ共和国の外部で、ローマ私法によって運営される、あなた方の政府なのだ。安っぽい、いかがわしい企業に支配される気分はどうだろうか?


議会は、この欺瞞を十分に意識している。議会の議員たちは、 あなた方のために働いているのではないことに気がつくべきだ。彼らは、THE UNITED STATESという企業のために働いているのである。これが 彼らが不法な収入税の場合のように、私たちの要求に一向に答えようとしない理由なのである。一般に信じられていることに反して、彼らは公務員ではない。彼 らは私たちのために働いているのではない。彼らは、企業の利益のために働いているのだ。



議会が作り出した数多くの委員会は全てが多頭の 怪獣のような種々の部門を見張っている。そして、あなた方が知るべきことは、これらのどの部門一つといえども、DCの外部における活動は、法違反だという ことだ。UNITED STATESの企業統治体は、DCの外部での共和国の如何なる州においても裁判権を持っていない。このようなことが議会に知られる こと無く実行されていたのだろうか?これが偶然だと思うのか?偶然であることはあり得ない。今は無視することをやめて、真実に向き合う時だ。


立法に携わる者はこのことをあなた方に知らせようとしない。あなた方は法を知っている、という前提に立っているのだ。彼らは、あなた方が法又は歴史を知らないことを知っている。なぜなら、この情報はあなた方に伝えられたことが無いからだ。


UNITED STATES政府は基本的には、国際銀行団の企業の道具なのだ。このことは、あなた方は誕生から死に至るまで、企業に所有されていることを意味する。企業であるUNITED STATESは又、あなた方の全ての資産、子供までをも所有している。


議会は、1871年に人民に対する反逆を犯し た。これは数十年間に亘って、もしいたとしたら、正直な人たちによって修正されたはずだったが、主として金と力への欲望のために正されることはなかった。 このような人民に対する犯罪を許すことが出来ようか?政府といわれる企業の侵入によって私たちは思っている以上に自由を奪われているのだ。

エジプトで発見地球外のミイラ

エジプトで発見地球外のミイラ  
http://beforeitsnews.com/alternative/2012/09/extraterrestrial-mummy-found-in-egypt-2471304.html

古代ピラミッドで完全に保存されたエイリアンのミイラが発見されたという記事があります。

このミイラは紀元前1991年から1782年まで続いた第12王朝のセンウセルト2世のピラミッドから出土したということです


2012092810183600.jpg

20120928101837.jpg


**********

伝えられるところによればペルーで見つかったETのミイラ化した遺体

20120928101835.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。